タイの古着倉庫を利用したい!日本にいながら個人で仕入れる方法とは

タイの古着倉庫ってたくさんあって個人仕入れは難しそう…

古着は日本で仕入れる方法と海外から仕入れる方法があります。その中でも海外からの仕入れは掘り出し物も多くて安く大量に仕入れてみたいですよね。

中でもタイには古着倉庫が多くあり、種類も豊富で値段も安いということで有名ですね。実際に個人で仕入れる場合、タイの古着倉庫からの購入は可能なのでしょうか。今回は、タイの古着倉庫に注目して解説したいと思います。

タイの古着倉庫で扱っているものや仕入れの単位を知っておくと、ご自分が扱いたいものに出会うことができますよ!

タイの古着倉庫には何が売っている?個人での仕入れは可能なのか

タイには世界各国のたくさんの古着があり、現地ではマーケットや倉庫から仕入れることができます。タイの古着倉庫では、業者向けの取り引きをしているところが多いので、個人でも仕入れる方法を知っておきましょう。

タイの古着倉庫で取り扱っているもの

タイの古着倉庫には、ベールという古着の塊や1枚ものの古着が売っています。服のジャンルごとに仕分けてあり、倉庫自体が巨大なお店のようになっているところがあります。服が山積みになっている倉庫でも探せばお宝が発見できる倉庫もありますよ。

また、服のジャンルも様々で、

  • ジャケット
  • スウェット
  • Tシャツ
  • シャツ
  • 小物類(スニーカー・帽子等)

を取り扱っています。

1つの倉庫をみてまわるだけで1日かかってしまうこともあるので、効率よく仕入れたい方は事前に「どんな古着を手に入れたいか」を決めておきましょう。

仕入れ単位はどのくらい?

タイの古着倉庫は古着ショップなどの業者と取り引きをすることが多いです。旅行ついでに1~2枚の仕入れとなると、相手にしてもらえないことも…。

従って、ベール単や数十枚単位での仕入れがオススメ!

もちろん、個人での数枚のピックアップ仕入れが可能な場所もあります行きたい倉庫はどんな取り引きをしているか調べると二度手間にならずに済みますよ。

タイ古着倉庫から仕入れる方法は2つ!日本を出なくても買える?

「タイの古着倉庫から仕入れたいけれど方法がわからない」「タイに直接行くのは難しい」という方も多いでしょう。お目当てのアイテムを効率良く手にいれるにはどうしたら良いのでしょうか?

タイへ直接行く

タイでの古着仕入れに慣れた人やタイ語を話せる人は、個人で現地に行く方法があります。タイには古着倉庫がたくさんあるので、直接見て買いまわりたいという方が多く利用していますよ。

初めての方やタイでのコミュニケーションに自信がない方は…

仕入れツアーに参加したり、通訳・案内役を雇う必要があります。

古着をたくさん仕入れた場合は、輸送費や関税がかかりますので、どのような方法で発送するかも考えておくとスムーズですよ。

古着の仕入れ代行を利用する

日本にいながらタイの古着倉庫からアイテムを買うことができる方法です。ベール仕入れや商品を1つずつチェックして仕入れてもらう方法があります。

現地に行くと費用や時間がかかるのが気になる方や、タイ語での交渉が難しい方にオススメの方法です。古着の仕入れ代行業者が現地のスタッフのみだと、日本のルールが適用されずにトラブルになることがあります。

業者を選ぶときは日本人スタッフがいるのかどうかをチェックしましょう。

タイの古着倉庫からの仕入れはNIPPON47へお任せください

NIPPON47は、タイからの古着仕入れや代行仕入れを行っております。個人の方でも法人の方でもご利用いただけます。日本人のスタッフが作業の管理を行っていますので、ご安心くださいませ。

現地スタッフが古着倉庫からの仕入れ代行します

弊社はタイを拠点にしており、タイの古着倉庫からのベール仕入れやピックアップ仕入れを代行させていただきます。ブランドやジャンルの指定がございましたら、お申し付けくださいませ。

タイからたくさんの古着を倉庫から仕入れたときは、輸送費が気になりますよね。仕入れたアイテムの配送料も安くするためにベール作成機があり、ベールにして発送することができます。

自社の倉庫やトラックで品質・速さを保証

弊社では、自社倉庫を所有しています。豊富な在庫からお客様のご指定のアイテムをピックアップすることが可能です。また、倉庫から在庫補充が可能ですので、輸送費のコストダウンには自信があります。

定期的に自社トラックでの集荷を行っており、より早い出荷が可能でございます。商品に対しての保険がありますので、万が一の場合でも安心です。

まとめ

たくさんのアイテムがあるタイの古着倉庫から仕入れてみたいという方が多くなっています。タイの古着倉庫では、ベール・1枚ものの商品が様々なジャンルやブランドで保管されています。個人の方は、仕入れの単位に注意が必要です。

タイの古着倉庫から仕入れる場合、現地に行く方法と仕入れ代行業者に頼む方法があります。仕入れ代行を利用すると、日本にいながら時間と費用を節約して仕入れを行うことができますよ。

NIPPON47は、タイの古着倉庫からの仕入れ代行を行っております。

現地スタッフの他に日本人スタッフもおり、商品に対する保証や素早い発送はお任せください。弊社も倉庫を所有しており、豊富な在庫管理やコストダウンに努めております。どのようなアイテムが必要かをお気軽にお聞かせくださいませ。