パキスタンから仕入れると輸入関税がかかる?基礎知識や安くする方法

パキスタンからの輸入関税は高いの?安いの?安く抑える方法も紹介するよ!

世界一古着が集まるといわれているパキスタン。日本人の仕入れが少ないので、珍しいものを安く手に入れることができます。

しかし、パキスタンから輸入する際には関税がかかります。

関税と聞くだけで「難しそう」「高いのかな」と考えてしまいますよね。まずは関税とは何か・どんなタイミングで払うのかなどを整理しておきましょう。パキスタンからの輸入関税について知っておくと不安が減りますよ。

仕入れ方法や工夫の仕方で仕入れ値自体を安くすることができますよ。古着販売で稼ぎたい方、必見です!

なぜ払う?パキスタンからの輸入で必要な関税の基礎知識

パキスタンから輸入する時には関税が必要で、関税には3種類があります。関税を払っていないことでトラブルになるのを防ぐためにタイミングも知っておきましょう。

関税の種類と必要な理由とは

輸入に必要な関税には特別なものを除いて3種類あります。

①従価税

ほとんどの輸入貨物にかけられるものです。関税率は商品の価格にかけられます。価格に応じて税金が変わるので、高いものほど税金が高くなります。

②従量税

税率を計算する時に、「容量」「重さ」「面積」を対象にするものです。ワインなどの飲み物にかかることが多いです。

③混合税

従価税・従量税のどちらも計算してみて、高い方を適用します。

どうして関税がかかるのかというと、「国内の産業を守るため」です。

競合性の高い品物が安く海外からどんどん入って来ると、国内の同じジャンルの企業などが不利になってしまいますよね。

関税はいつ決まって誰が払う?

関税を払う人は、原則として貨物を輸入する人・受取人です。

取引先との間で、関税込みの取引をしている場合などは販売者が支払うことになるので、取引する時には注意しておきましょう。

関税を払う時期は、「貨物を輸入する日まで」です。パキスタンから古着を輸入する場合の関税は、次の2つの方法が多いですよ。

・国際宅急便を利用する場合

国際宅配業者が申告と納税を代行してくれます。配送料に関税が含まれている状態のこともありますし、発注者が受け取りの際に支払う場合があります。

・一般貨物で輸入する場合

貨物が日本に着いた段階で船舶会社や航空会社から連絡がきます。その後、ご自分で通関手続きを行い、その時に関税を支払うことで荷物を受け取ることができます。

パキスタンの輸入関税は高い?仕入れ値を安くする方法

パキスタンからの輸入関税は一律17%と決まっています。1000円のものを輸入したら170円の関税がかかることになるので、少し高いと感じる方も多いでしょう。仕入れ値を安くする方法はあるのでしょうか。

パキスタンの関税は高いが仕入れをしたい理由

パキスタンからの輸入関税は高いですが、古着を仕入れるメリットがたくさんあります。

・欧米の古着がたくさんある

・単価が安い

・ヴィンテージ品などを見つけられる

・日本人で仕入れている人が少ない

パキスタンから輸入するには関税以外にも現地に行く費用なども気になるところですね。最近では仕入れを代行してくれる業者もあるので利用してみましょう!

どうすれば仕入れ値を安くできる?

仕入れ値は、商品の単価+関税+輸送費+その他の費用(現地仕入れならば渡航費など)で決まります。

関税がかかるのは仕方ないことですが、できれば仕入れ値を抑えて高く売りたいところですね。次のような点を工夫してみましょう。

・仲介業者があまり入らないように

輸送方法や代行業者によっては、仲介となる業者が多く入ることがあります。仲介が入るほど手数料が高くなるので注意しましょう。

・特別区からの輸入

パキスタンにはカラチ輸出加工地区といって、経済を発展させるための制度が適用された地域があります。ここでの製品は、関税が免除されたり、減免されることがありますよ。

・荷物の大きさを小さく

輸送費は荷物の大きさや重量で決まってきます。大量に仕入れる場合は、古着ならベールなどの単位で購入すると良いでしょう。

パキスタンの輸入関税のことなら弊社にお任せください!

弊社はパキスタンに拠点があり、古着の仕入れ代行サービスを行っています。物流も行っており、輸送方法を最適化することができますのでお任せください。

現地に拠点がある強み

現地に拠点があり、自社の現地スタッフがおります。サプライヤー以外は弊社のみです。ですので、現地価格で仕入れることが可能です。また、弊社の拠点はカラチ輸出加工地区から約10kmほどと近いので、その地区からの古着仕入れが可能です。

古着がたくさん集まるカラチ輸出加工地区に直接アクセスしやすいので、種類豊富な古着からピックアップが可能でございます。

弊社は物流も行っております

輸入の際に必要なインボイス作成が苦手・面倒という方もいらっしゃいますよね。弊社では、インボイス作成を代行いたします。また、ワンストップサービスで荷物をお届けいたしますので、ご安心ください!

パキスタンには輸入関税がかかっても仕入れたい古着がたくさんあります。古着販売を成功させたいという方はお気軽にご相談くださいませ。

まとめ

パキスタンは世界一古着が集まっている国とも言われ、欧米からの古着を安く仕入れることができます。しかし、パキスタンからの輸入関税の払い方が不安という方も多いですよね。

輸入関税は、荷物を受け取る人が荷物を受け取る日までに払う必要があります。パキスタンからの輸入関税はどうしてもかかってしまいますね。

仲介業者の有無・特別区からの輸入・荷物の大きさなどに注意すると仕入れ値を抑えることができますよ。

弊社では、パキスタンからの古着仕入れを代行致します。インボイス作成もしておりますので、パキスタンから輸入してみたいという方はお問い合わせください。