ヴィンテージ古着の知識はどうやって学ぶ?古着仕入れには勉強が必須!

ヴィンテージ古着って難しいよね〜…。でも知識があったほうがいいのかな?

「古着仕入れを始めたけど、利益が出ない…」
「売り上げが全然伸びなくて困っている」

そんな声を耳にします。実際、古着仕入れで売り上げを上げ続けている人もいれば、伸びずにそのまま辞めてしまう人も…。特に知識量において、好きな人やこだわりを持っている人には勝てない…といったマイナスのイメージを持っているかもしれません。

そんななかでも、ヴィンテージ古着。

人気ですが知識がなくて取り扱えないという方もいます。しかし、他よりも売り上げをあげるならヴィンテージ古着の知識はかなり重要なんです!今回は、古着仕入れで他と差をつけるためのポイントについて解説していきます。

古着仕入れで他と差をつけるには…センスより知識が重要

「私にはセンスがない…」と古着仕入れをはじめて悩んでいる人もいますが、そんなことはありません!どうすればステップアップできるか解説します。

副業からのステップアップ

古着仕入れで利益を出していきたいのであれば副業からステップアップしていくことが必須です。時間や仕入れた古着の管理など業務かける時間を増やすことが重要です。しかし、失敗する人は、「なんとなく副業で伸びたから開業した」という考えを持っています。

あなた自身が副業からステップアップして稼いでいくなら、「なんとなく」ではなくて「どのようにしていくか」具体的にしていきましょう。

開業するならセンスより重要なこと

街の人気の古着店などをみると店主のセンスが溢れたお店が多いですよね…。世界観が確立されたお店はやっぱりかっこいい…。

しかし、個人で開業するならセンスよりも重要なことがあります。

それは「知識」です。

もちろん、古着全般、経営全般などなんとんなくつけておきたい知識はたくさんあります。しかし、中でも他店と差別化するにあたって重要なのが「ヴィンテージ古着」の知識です。

これは個人店だけでなく、古着仕入れの卸を始めたい方でも知っておくと今後の活動が差別化できます。

ヴィンテージ古着の知識は特に重要!その理由と勉強法について

具体的に、ヴィンテージ古着ってどんなものか理解できていますか?特別、どこかに行って学ばないといけないということはありませんので、少しずつ調べたりしましょう。

なぜヴィンテージ古着の知識が重要なのか

古着は「誰かが一度使用していた」「着ていた」といったものを指しますが…

ヴィンテージ古着の場合は、「年代物」として扱われ、その当時使われていた技法や、今現在出回っていたような仕立てが施されています。

古着の好き嫌いに関わらず、年代によってのディテールの違いやブランドごとの特徴を知っておきましょう。

特に、ファストファッションとは逆に手間がかけられたものがほとんどなので、価値が高いのです。長く着られるものが多いためその使用感がより「味」「雰囲気」といったものを出してくれます。

しかし、見分けがつかなければ取り扱っていく上で、正しい価値をつけられなかったり、マニア向けに展開できなかったり…問題が出てきます。必ずその魅力を知っておくことで仕入れから販売まで滞りなく行えるようになります。

ヴィンテージ古着の勉強法は主に2つ

1つ目は「ヴィンテージ古着」の知識が書かれた書籍や雑誌をみること。

特に古着の雑誌などでも簡単に入手できますし、古本として少し前の時代のものなども安く手に入れられます。文字が苦手な人でもまずは眺めながら学べるので手にしやすいですね。

2つ目は「店舗や仕入れ先」で学ぶことです。

やはり現物を見ながら頭に入れていくのは大切です。古着のヴィンテージ品を多く仕入れている古着店のスタッフに聞いてみるのもいいでしょう。もしくは仕入れ先にそのヴィンテージ品の価値を聞いて少しずつ情報として蓄積していくのもおすすめです。

ヴィンテージ古着の知識を現地で学ぶ?利益を上げ続けるためのポイント

日本で古着仕入れをして販売し、利益を出している方であれば…

一度は行ってみたい「タイ」の古着市場!

アメリカやヨーロッパより気軽に足を運べるので現地での情報収集もしやすいですよ!

古着仕入れは効率の良さが重要だけど…

古着仕入れで利益をあげようとすると、仕入れから販売、その他古着の管理など、いかに効率よく進めるかがポイントです。しかし、効率の良さも重要ですが、時間をかけてもいい箇所もあります。

  • ヴィンテージ古着の知識
  • 現地の情報
  • 売れ筋やブランディング

など…。一定の利益を出せるようになったら少しずつ、さらに差別化して価値を作り出せるように工夫していきましょう。

そこで、足を運びやすいタイなどで古着市場に行ってみたり、情報を収集したり、実際に現地から仕入れをしてみるのがおすすめです。

現地で知識や情報収集することの重要性

しかし、現地での仕入れとなると、言語において少し困ると思います。

特にタイの古着市場では英語よりも現地の言葉がほとんどなので、仕入れ作業を行うときは不便です。そのため、現地に詳しい仕入れ業者と関わりを持つことが重要です。

タイの古着市場を回る際や、仕入れ交渉においては欠かせないので、現地に詳しい人と一緒に回って情報や知識を得ていきましょう。

まとめ

ネットでの販路が増え、多くの人が古着仕入れに関心をもち実際に副業として始めた方などもいます。その中で今後あなたがいかにして差別化をし、利益を出していくか…やはり知識や情報を常に更新していく、という作業が重要です。

特に、古着好きな人からすれば当たり前ですが、ヴィンテージ古着の知識は必須でしょう。仕入れの交渉や実際に販売する際に、そのヴィンテージ古着の知識があれば正しい価値がわかるはずです。お客様に伝えていくのにも必要なので、まずは、雑誌や本などから知識を学んでみてくださいね!