仕入れするなら知っておきたいタイの物流事情!トラブルを防ぐには?

タイの仕入れでよくあるトラブルって?物流事情を知って未然に防ごうね!

副業として物販ビジネスを行いたいという方が増えていますね。物販はビジネスを始める資金が少なくて良く、初心者でも始めやすい分野です。タイは物価が安いので、仕入れ先として利用する方が多いです。

タイから仕入れると「商品到着が遅そう」「梱包は丁寧なの?」と不安に思いますよね。

タイの物流事情からトラブルが起こることも少なくないんです。

仕入れの原価が安いタイから買い付けを行いたい方向けの、対策があります!タイの物流事情を熟知しているNIPPON47にお任せください。

物販アイテムを仕入れるならタイ!物流の事情からみる理由とは 

タイはマーケットや倉庫などがたくさんあり、豊富な品物があるイメージですよね。タイの物流事情をみると、どうしてたくさんのアイテムが集まってくるのかがよくわかりますよ。

タイは東南アジア地域の中継地

東南アジアのASEAN地域には、GMSという経済圏があります。この経済圏には、

・南北経済回廊

・東西経済回廊

・南部経済回廊

という3つの物流の陸路があり、タイは全ての中継地なんです。たくさんの商品が集まる場所なので、在庫が豊富にあるのが特徴ですよ。タイの方たちは集まったアイテムをしっかり分けて市場などで売っています。

タイにはチャトチャック市場・サイアムスクエア・プラトゥーナーム地区など多くの市場があり、それぞれの市場で売っているものの特徴が違います。GMSの中継地だけあって、海外からのアイテムも多数取り扱っているのが魅力です。

タイから仕入れるならどんなジャンルがオススメ?

タイには古着が多く集まるので、アパレル関連の仕入れがオススメですよ。

その理由は、日本やEUなどからカンボジアへ古着が送られ、カンボジアの国境付近で売られるというタイの物流事情があります。

高く売れる可能性のあるブランド品などが安い値段で売られているので、古着の仕入れ値を抑えたい方によく利用されていますよ。

タイの物流事情から起こる梱包や配送のトラブルがある 

タイの物流のトラブルは交通事情や人柄が理由で起こることが多いです。しかし、悪いところばかりではありません。現状を理解することがトラブルを防いだ物流につながっていきますよ。

交通網の事情から起こるトラブル

タイは鉄道網の整備があまり進んでいません。線路があまり長くなく、機関車の数も少ないので、貨物輸送の進みが悪いという現状があります。

また、道路の舗装は進んでいるのですが、

・信号が少ない

・車の数が多い

・雨季の視界の悪い

・事故が多い

などが原因で渋滞が起こりやすいというタイの物流事情から、荷物の輸送が遅れることがあります。

輸送のネットワークが確立されている物流専門の業者を選ぶと荷物の遅延トラブルは避けれますよ。

梱包や積み込みのトラブル

コンテナを使用した海上便輸送の場合、LCLといって複数の会社や個人の荷物で1つのコンテナを利用する方法があります。この方法で、

・荷物の容積をかさ増しして本来よりも多く請求がくる

・他業者による荷物の破損

というトラブルが起きることがあります。

また、タイの方は穏やかですが、

・渋滞で遅れても気にしない

・あまり謝らない

という気質があります。もちろん、全ての人ではありませんが、このような点も梱包や配送トラブルに関係してきそうですね。

タイでの仕入れを行う際は、タイ語を話せる業者のスタッフに仲介に入ってもらうと良いですよ。

弊社はタイの物流事情から起こる問題に対応しております!

タイの物流事情やトラブルなどを知ると、タイからの仕入れを迷う方もいると思います。ですが、仕入れ値の安さは捨てがたいですよね。タイとの物流が不安な方は、事情をよく知っている弊社にお任せください!トラブルを未然に防ぐシステムや万が一の場合の対応も行っております。

輸送ネットワークが充実

弊社では、古着の仕入れ代行のときに、自社トラックでの集荷をしております。ロンクルアから毎週月曜日に定期便がでるのが決まっているので、当日のうちにバンコクに到着します。

また、弊社は航空便や海上便輸送も行っているので、荷物の大きさやお客様のニーズに合わせた輸送が可能でございます。

自社スタッフが仕入れから輸送までを管理しております

弊社では、LCLの積み込みや荷物の取扱を自社スタッフで丁寧に行っております。

「現地スタッフばかりだとトラブルや品質が不安…」と思われている方もご安心ください!現地スタッフに加えて日本人スタッフがいるので、日本のルールが適用された状態で梱包や輸送を行っております。

万が一トラブルがあった場合でもすぐに対応

LCLでの荷物のかさ増しや通関の抜き打ち検査など、不測の事態が起こった場合でも弊社が立ち会ったり、仲介しております。

輸送時に天災や不慮の事故に遭った場合に備えて、荷物に対して保険をかけることもできますよ。

まとめ

GMSという経済圏の中継地であるというタイの物流事情から、タイにはたくさんのモノが行き交います。古着が集まるカンボジアとの交流もあるため、ファッションアイテムを安く仕入れたいという方にはオススメの国です。

しかし、鉄道や陸路の交通網が整備されていないというタイの物流の事情があります。

加えて、タイ人の気性もあって、荷物が遅れたり破損するというトラブルもあります。

弊社では、国内外の輸送ネットワークが充実しており、日本人スタッフもおります。梱包からお届けまで丁寧な対応を心がけておりますので、安心してご利用くださいませ。