古着の買い付けを効率的に個人でおこなうには?その方法と狙うべきアイテムも

古着の買い付けってとっても大切ですよね!!より良いものを効率的に仕入れる方法ってあるのかな…?

古着の買い付けを個人でおこなうには、いろいろな方法があります。

1点1点チェックしながら、ときにレアものの古着に出会えることも古着販売の醍醐味です。しかし、ビジネスが大きくなれば、できるだけ仕入れにかかる時間や手間を最小限に抑えて、古着の販売に専念したいですよね。

今回は、古着の買い付けを個人でおこなう3つの主な方法と、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

また、より効率的に古着を仕入れる方法もご紹介したいと思います。

さらに、古着のなかでも狙うべき売れ筋アイテムもぜひご参考ください。

古着の買い付けを個人でおこなう3つの方法

古着の買い付けを個人でおこなうには次の3つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

リサイクルショップやフリーマーケットなどの実店舗

大手リサイクルショップやフリーマーケットに足を運んで、1点1点チェックしながら買い付ける方法です。品物に汚れや破れなどがないか状態を確認できることや、イメージ通りの質感や肌触りの古着を買い付けることができます。いっぽう、実店舗に行くまでの時間や交通費がかかることがデメリットになります。

古着専門のネット通販やフリマアプリ

最近では、古着専門のネット通販やフリマアプリを利用して買い付ける人も多いようです。ネット環境さえ整っていれば隙間時間でも注文できること、自宅まで届けてもらえることがメリットです。いっぽう、じっさいに手に取って状態確認ができないこと、送料がかかってしまうことがデメリットです。

自分で海外の古着を仕入れにいく

古着専門の実店舗やネット通販では、自分の仕入れたい古着が見つからない場合、自分で海外へいって仕入れをする方法もあります。

他の店舗とは被らない古着を取り揃えることができること、マーケットによっては格安で仕入れることができることがメリットです。

しかし、現地までの飛行機代は決して安くはありませんし、日本までの輸送方法を知っておかなければいけません。

海外に仕入れに行ったら時間もかかるしな…と思っている方はNIPPO47のサービスがベストかも!

古着の買い付けをより効率的に個人でおこなうには?

上記の3つの方法には、メリットとデメリットの両方がありました。しかし、より効率よく古着の買い付けをおこなうには、古着専門の仕入れ業者を利用するのがおすすめです。

古着専門の仕入れ代行業者のサービス内容とは?

古着の仕入れ代行業者は、主に海外の古着を買い付け、日本で販売をしています。仕入れ先は業者によって異なりますが、タイなどのアジア諸国やアメリカ、ヨーロッパが中心です。つまり、自分は日本に居ながらにして、海外の古着を仕入れることができるのです。結果的に、仕入れにかかる時間の大幅な短縮が実現します。

仕入れ代行業者を利用する3つのメリット

仕入れ代行業者を利用することで、仕入れにかかる時間の短縮のほかにも次の3つのメリットがあります。

・一度に大量の古着を買い付けできる

古着専門の仕入れ代行業者の多くは、古着をベール単位で輸入しています。ベールとは大量の古着を圧縮してひとつの塊としたもので、およそTシャツなら200枚程度入っています。

1枚単位で仕入れるよりも安く、一度に大量の古着を買い付けることができます。

・指定の場所まで配送してくれる

また、ネット通販などで簡単に注文できることがほとんどで、自宅や指定の場所まで配送してもらうことができます。送料はかかるものの、大量の古着を運ぶ時間や手間のことを考慮すると、販売に注力できるメリットがあります。

・プロの目で売れ筋を見極める

古着専門の仕入れ業者は、売れ筋のアイテムを見極めることに長けています。後述で、売れ筋のアイテム選びのポイントをご紹介しますが、大量に仕入れることができても、売れなければ売上はアップしません。その点、仕入れのプロの目にかなった古着だけを取り揃えることができるので、不良在庫になってしまうことを避けられます。

古着の買い付け業者が狙う売れ筋アイテムとは?

では、古着の買い付け業者が仕入れる売れ筋のアイテムとはいったい何なのでしょうか。実店舗やネット仕入れでも同じポイントなので、ぜひ買い付けの参考にしてください。

みんなが知っているブランド物

古着といっても、やはり有名なブランド物が売れる頻度はとても高いです。ラルフローレンやバーバリーをはじめ、スポーツブランドのナイキやアディダス、プーマなどが売れ筋です。ブランド物を選ぶポイントは、ロゴがしっかり入ったものをチョイスすることです。

根強いファンがいるヴィンテージ物やミリタリー系

古着といえばヴィンテージ物のデニムや、ミリタリー系のジャケットやパンツですよね。根強いファンがいることや、流行にとらわれないアイテムとして人気のアイテムです。ただし、見極めが難しいため、買い付けのさいは最低限の知識が必要です。

1年を通して回転率が高いアイテム

季節を問わず、1年を通して売れるアイテムは回転率が高くなります。たとえば、Tシャツや長袖のシャツ、スウェットなどです。冬物や夏物などは、売れるシーズンを逃してしまうと在庫を保管するスペースも必要になります。

まとめ

古着の買い付けを個人でおこなうには、仕入れにかかる時間や手間を省くことが重要なポイントです。国内や海外の実店舗で古着を直接仕入れるには、時間がもったいないと感じている人も少なくないでしょう。

また、古着専門のネット通販を利用するメリットも大きいですが、やはり古着の状態を確認して仕入れたい人も多いはずです。

古着専門の仕入れ代行サービスを利用すれば、これらの問題が解消します。

プロの目によって売れ筋の古着を、一度にたくさん買い付けることができるからです。しかも、指定の場所まで配送してくれます。ご自身は販売に専念し、売上アップに繋げていきましょう。