古着はメンテナンスが大事!誰でも自宅でできる簡単な方法を紹介

お気に入りの古着なのにニオイやシミが気になる…そんなときのメンテナンス方法を紹介するよ!

古着はブランドの歴史を感じられたり、誰とも被らない自分だけのおしゃれを楽しめたりと人気が高いですよね。しかし、時間が経っているからこそのメンテナンスに困っている人も多いのではないでしょうか。

古着は繊細で、ものによってはメンテナンスを間違ってしまうとすぐにダメージを受けてしまうものもあるので注意が必要なんです。

今回の記事では、自宅でもできる簡単な古着のメンテナンスの方法を、古着汚れの特徴や注意点を含めて紹介していきます。

古着のメンテナンスはどんなことをする?古着特有の汚れとは

古着のメンテナンスはどうすればいいのか分からずすべてクリーニングに出しているという人も少なくないですよね。実は、汚れの特徴を分かっていたら、自宅でも簡単にメンテナンスをすることができるんです。

倉庫で染み付いた匂い

古着は、衣服の種類を問わず倉庫で染み付いた独特の匂いがついていることも多いですよね。洗濯だけでは取りきれない強い汚れは、実は漬けおきが効くんです!

酸素系漂白剤やキッチンによくある重曹などを溶かした50度程度のぬるま湯に1〜2時間つけ置きしてから洗濯すると、匂いがよく取れます。

古着特有の黄ばみ

特別なシミや汚れではなく、時間の経過とともに黄ばんだ古着は漂白剤や重曹を使うことがおすすめです。

古着特有の黄ばみは、湿度の高い倉庫に一定期間入れられていたり、日光による日焼けによることが多いので、普通の洗濯では落とすことが難しいです。

漂白剤と重曹を1:1で入れて漬け置きすることで汚れがどんどん出てきて水が黄ばんでくるのがわかります。しかし、ものによっては使えない素材もあるので、しっかり洗剤の注意事項を読みましょう。

様々なシミ汚れ

一番汚れ落としを諦めてしまうのが、深く染み付いたシミ汚れですよね。頑固なシミ汚れは、漬けおきでは取れないですが、洗剤を「塗る」ことで効果的に汚れを落とすことができるんです。

重曹と漂白剤を混ぜ水を少量入れた液体をシミの部分にだけ塗り、そのまま1時間ほどおいてください。汚れに洗剤が強く染み渡り、頑固なシミもとることができるんです。

繊細な生地ではないTシャツやジャージなどは、歯ブラシで優しく擦ることでより強く汚れにアタックすることができておすすめです。

古着のアイテム別メンテナンス方法!これだけ押さえよう!

古着の汚れ別のメンテナンス方法はもちろんのこと、アイテム別のメンテナンス方法も知っておくことが大切です。汚れとアイテムの種類を両方考慮したメンテナンス方法が古着を傷つけずに綺麗に汚れを落とす一番の近道です!

シルクなどのデリケートなアイテム

デリケートで手洗いのみのシルクなどのアイテムについては、ただでさえ古着で傷みやすい状態ですので細心の注意が必要です。まずは手洗いや洗濯にOKマークがついていることを確認しましょう。

デリケートな素材は水につけると縮んでしまったり、痛んでしまったりしてしまいます。ですから、おしゃれ着洗い用の洗剤を入れた水に5分ほどつけた後、衣服を取り出し、布などの柔らかい素材のもので叩きながら汚れを落とすことがおすすめです。

自宅でのメンテナンスがNGのものは、クリーニングに出しましょう。

ジーンズ

ジーンズは色落ちが気になってしまって、自分でのメンテナンスを躊躇してしまう人も多いんではないでしょうか。しかし、正しく洗うことで長持ちしたり、いい状態で履き続けることができるんです。

実は、ジーンズ専用の洗剤というのが売っており、ジーンズにダメージを極力与えずに洗うことができますよ。どうしても気になる場合は、氷水などの冷たい水に漬けて洗うことがおすすめです。しかし、匂いや汚れがひどい時には、ぬるま湯に入れて漬け洗いすることがいいでしょう。

Tシャツやパーカー

Tシャツやパーカーは比較的強い素材でできているので、汚れが気になる場合には漬け洗いをした後に洗濯機を使ってしっかり洗うことがおすすめです。

しかし、ものによっては洗濯に関する注意点が書いている場合もあるので、しっかりチェックして大切な古着を台無しにしてしまわないようにしましょう。

古着のメンテナンスは注意が必要!間違えると生地が傷む原因に

古着のメンテナンスには、通常の衣服よりも生地が傷みやすく、注意が必要なんです。ここでは、古着を洗う際のポイントを紹介していきます。

強くゴシゴシ洗わない

古着は作られてから時間が経っていたり、何度も使用されていたりすることによって新しい服よりも生地が弱っています。見ただけでは分からないダメージを受けている場合もあるので、ゴシゴシ強く洗うことは避けるようにしましょう。

洗濯用アイテムを活用

洗濯をする際には生地を守って刺激を少なくするための洗濯用アイテムを活用しましょう。一番身近なものでは洗濯ネットがありますよね。使い方としては、できるだけ衣服の大きさに合ったサイズを選ぶことがポイントです。

洗濯後の干す際にも気をつけることが大切なんです。伸びやすい素材のものにはハンガーではなく平干しができるアイテムを選ぶなど、衣服にあったものを選びましょう。

まとめ

ワードローブ, コート ハンガー, 楽屋, ガーメントラック, ファッション, 衣服, ハンガー, 服, 衣類

古着のメンテナンスは難しいと思われがちですが、実は汚れの特徴と衣服にあった洗い方を知ることで、誰でも自宅でできるんです!

気に入った古着を汚れを気にして躊躇する必要がないばかりか、汚れによって安くなっている目玉商品にも手を出すことができて、よりファッションを楽しむことができますよ!

ぜひ素敵な古着を綺麗にして、もっと古着を楽しみましょう。