古着を買い付けるにはどんな方法があるの?個人や海外での仕入れについても

古着の転売ビジネスに興味がある人が増えています。

成功の秘訣は、仕入れルートの確保です。

安定して商品を供給できれば、継続的に売上をあげることができるからです。

そこで今回は、古着を買い付ける方法についてご紹介したいと思います。スマホ1台あれば個人でも手軽に古着ビジネスをスタートする方法もあります。手ごたえを感じられるようになったら、古着の仕入れを海外でおこなうこともおすすめです。

また、仕入れ代行業者を利用すれば、さまざまな付帯サービスもありますので、大量の古着を効率よく買い付けることもできます。効率よく古着を仕入れて売上アップにつなげましょう。

古着の転売を始めたい人必見!!買い付け方法や海外の古着を仕入れることができるオススメの方法も紹介するね。

古着の買い付けを国内でおこなう3つの方法とは?メリット・デメリットご紹介

古着の買い付けを国内でおこなう方法は、古着の転売に興味がある人や始めたばかりの人でも簡単です。メリットとあわせてデメリットもみてみましょう。

フリーマケットやリサイクルショップを利用する

最近ではいろいろなスポットでフリーマケットが開催されています。東京近郊の公園やスタジアムでは大規模なフリマも多いですし、古着に特化したフリマもあるようです。また、大手リサイクルショップでは入手できる古着の種類がとにかく豊富です。

フリーマーケットやリサイクルショップを利用する場合、1点1点手に取って確認してから購入できます。

また、購入した古着は自分で運ぶことが多いです。

【メリット】

・状態のよい古着だけを買い付けできる

・リサイクルショップの商品はメンテナンスが不要

・フリーマケットは値引き交渉しやすい

【デメリット】

・フリーマーケットやショップまでの交通費がかかる

・売れる古着がいつも見つかるとは限らない

フリマアプリやネット通販を利用する

フリマアプリや古着専門の通販サイトを利用すれば、自宅にいながらにして古着の買い付けができます。

一般的には送料込みの価格で購入し、商品が自宅に届くことが多いです。同様にネット通販のなかにも、古着を専門に取り扱っているサイトがあります。気になる商品を注文するだけで自宅に届きます。

【メリット】

・スマホやパソコン1台あれば自宅にいても買い付けできる

・大量に買い付けると割引や送料が無料になることもある

【デメリット】

・直接手にとって確認できない

・返品ができないこともある

海外の古着買い付けを個人でおこなう方法とは?注意点や難点も

つぎに、古着の買い付けを海外でおこなう方法をみていきましょう。個人で仕入れをするさいの注意点や難点もおさえておきましょう。

海外の通販サイトで購入する

海外の通販サイトからも古着の買い付けができます。日本国内では手に入らない商品も多いので、他の店舗との差別化になります。指定の場所まで配送してもらうことができますが、送料が割高になることや、到着までの日数がかかります。

直接現地の市場やマーケットで仕入れる

古着の買い付けに、アメリカやヨーロッパ、タイなどの東南アジアにいくバイヤーもいます。

近年古着の輸入国として有名なのが、パキスタンやタイ、マレーシア、ドバイです。

世界中の古着が集まるので、高値がつくようなレアな商品やヴィンテージアイテムに出会う確立も大きいです。

直接現地の古着を個人で買い付けするのは難しい!?

現地で古着を買い付けするのはとてもハードルが高いです。とくに個人で仕入れるさいの難点をみてみましょう。

・現地のマーケット情報がわからない

・現地語での値段交渉が難しい

・現地までの渡航費が大きい

・お得な輸送方法がわからない

海外の古着を買い付けたい!おすすめの方法をご紹介

海外の古着を個人で買い付けするさいの難点は、仕入れ代行業者を利用すると解消できます。ここでは、古着の仕入れ代行サービスの内容をみていきましょう。

古着の仕入れ代行サービスとは?

古着の仕入れ代行サービスとは、自分に代わって卸から古着を買い付けてくれるものです。

仕入れの時間が取れない、あるいは仕入れ先がわからない人には便利なサービスです。また、古着の知識があるプロに仕入れを任せることで、売れ筋商品の確保が容易になります。

海外の古着仕入れ代行業者には、日本への発送に対応していることも多いです。

【NIPPON47】タイの古着仕入れはお任せください

NIPPON47は、タイの古着仕入れに多くの実績をもつ物流商社です。お客様ご希望のブランド古着の買い付けから、日本のご指定の場所までドアツードアのお届けを一貫してお任せください。タイの古着卸からの買い付けを個人でもご利用いただけます。また、日本到着後にすぐ販売できるように、洗濯やアイロン、サイズ分けや採寸などの付帯サービスもございます。

2021年9月には、世界じゅうの古着が集まるパキスタンにもオフィスを構えました。新たな古着仕入れのルートとして開拓中です。ご乞うご期待くださいませ。

まとめ

古着の買い付け方法はさまざまです。国内でおこなうなら、フリーマーケットを含む実店舗で1点1点確認しながら仕入れたり、パソコンやスマホアプリで自宅にいながらにして注文したりできます。海外の古着を買い付けると、珍しいアイテムも多いので差別化になりますし、仕入れ値を安くおさえることができます。

ただし、古着の買い付けを海外で、しかも個人でおこなうにはハードルが高いです。

仕入れルートや日本への輸入の方法が分からない人は、古着の仕入れ代行サービスを利用してみましょう。NIPPON47では、お客様の古着仕入れのサポートをしております。