古着ベール仕入れを個人で行う時の注意点!購入前後の流れを理解しておこう

古着ベール仕入れは気になるよね!
個人でやる場合はしっかり注意点を確認しておこう!

古着は着るだけでなく、フリマサイトなどで売って利益を出したいという方にも人気がありますよね。古着のベールとは、たくさんの古着を30トンほどの圧力をかけて圧縮したもので、古着ショップなどで利用されています。

副業として古着を売っている方は、

「古着をベール仕入れたいけれど個人で行うにはハードルが高いのではないか」

と思うことでしょう。古着ベール仕入れを個人で行う前後の流れや注意点を知っておくと、不安を解消させることができますよ。また、古着ベールには値が張るお宝が入っていることもあるので、安心できる古着ベールを仕入れると、個人でも利益をあげられるようになりますよ!

やってみたい古着のベール仕入れ!個人で扱うときの利点や注意点

古着ベール仕入れは、買付の手間を省きたい方がよく利用します。しかし、「どこから仕入れるの?」「粗悪品ばっかりで損をするのでは?」と心配ですよね。注意点を知っておくと安心できますよ。

古着ベール仕入れはどこから行う?

古着のベール仕入れを個人で行う場合は次の3つの方法があります。

①ネット通販やオークション

…大手通販サイトやネットオークションで古着のベールが売られています。ベールを受注作成している販売者や、ベールを解体して中を見せた状態で売っている人もいますよ。

②仕入れ代行業者

タイなどの現地スタッフが仕入れを代行して、購入者のもとに届けてくれます。現地に住む外国人のみが仲介している業者だと、日本のルールが守られないことがあります。

配送が遅れたり、支払いのトラブルが起きることもあるので、日本人スタッフがいる業者だと安心ですよ。

③自分で現地に行って買い付け

…海外だと安く仕入れることができ、特にタイでは古着の巨大倉庫があります。古着ベール仕入れを個人で行う方でも倉庫から買うことが多いです。しかし、現地の言葉で交渉する技術がないと難しいです。

古着をベール仕入れするときに気を付けたいこと

・置き場所があるか

服のジャンルにもよりますが、Tシャツだと100~200枚入っているなど、古着のベールの中はたくさんの服が入っています。古着ベール仕入れを個人で行うときには、家に大量の古着を置く場所があるかに注意しましょう。1部屋は古着専用で使えると安心ですよ。

・「リパック」商品に注意

リパックとは、古着ベールを業者が解体し、高値のものを抜いて再度ベール化し直した商品のことです。売り物にならないものを大量に買ってしまうなんて嫌ですよね。

ベールを購入するときは、

信頼できる業者に頼んだり、輸入国のPOPが書かれているかをチェックしましょう。

古着ベール仕入れ後に個人でやっておきたいこととは?

古着ベール仕入れすると中の服がシワシワでカビ臭いということがあります。そのままでは売れないですよね。古着ベールを個人で仕入れた後にひと手間かけておくと、売れやすい商品になりますよ。

まずは使える古着かどうかチェック

新品の古着ベールを仕入れても、中には汚れがある服、破損している服などが混ざっています。洗濯やリペアをして売り物になるものは残し、難しいものは廃棄します。

その後は、

  • 採寸
  • レディースかメンズか
  • 服のジャンル

などで仕分けておくと、在庫管理や出品がスムーズですよ

洗濯をして臭いをとる

古着のベールを個人で仕入れると大変なのが

「洗濯」です。

特に海外のものは現地特有の臭いがついているので、必ず洗濯をしましょう。通常の洗濯で臭いがとれない場合は 酸素系漂白剤につけ置きするのがオススメです。

  • たらいなどに40~50度くらいのお湯を張る
  • 酸素系漂白剤を溶かして古着を入れる
  • お湯が冷めないように蓋をして1時間程置く
  • その後は洗濯機で洗う
  • 乾燥は天日干しをする

古着のベールを個人で仕入れたい方はNIPPON47へ!

弊社は、タイに拠点をおいて物流を専門に行っております。古着の仕入れや代行仕入れを行っており、古着ベールを個人で扱う方にも多くご利用いただいております。

弊社が責任を持って仲介いたします

現地では、自社トラックで古着ベールを集荷致しますので、安全で早い出荷が可能です。商品に対する保険を掛けており、お客様のお手元に届くまでの事故や天災に見舞われたときの保証ができます。

タイ現地に日本人スタッフがおり、作業や質の管理を行っております。古着ベール仕入れを個人で行う場合にトラブルになりやすいお支払いも、日本円で可能ですので、ご安心くださいませ。

お客様の購入後の手間を省くサービス

古着ベール仕入れを個人で行うと、洗濯や修繕などが大変ですよね。

弊社では、現地でベールを解体し、検品をすることが可能です。

不要なものは買い取りさせていただいたり、洗濯やリペアも行っております。検品後は自社のベール作成機で再ベール化して発送致します!

まとめ

古着ベール仕入れを個人で行うのは、品質や金銭のトラブルが気になりますよね。仕入れ方法は3つありますが、海外のベールを買う場合は慣れた日本人スタッフが仲介に入っているかが重要です。

古着ベールを個人で仕入れた後は、検品と洗濯をしましょう。ジャンルごとに分けたり、要らないものは処分すると、保管も楽になりますよ。独特の臭いがとれない場合は、つけ置き洗濯や天日干しが有効です。

NIPPON47は、タイで古着の仕入れや代行サービスを行っております。現地に日本人スタッフがおり、輸送時の保険もあるので安心してご利用ください。古着ベールを個人で仕入れた場合に大変な検品・洗濯・リペアなども行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。