輸入ビジネスが成功するコツって?メリットやリスクを知って始めよう!

輸入ビジネスって魅力的だよねー!始める前に、リスクやビジネスモデルをしっかりおさえておこう。

海外からの商品を日本で販売して利益を得る輸入ビジネス。販売サイトやオークションなどを通して売買すれば、実際に現地に行かなくてもWEB上で行えるので、近年では在宅ワークの副業としても人気が高まっています。

輸入ビジネスに興味があって今すぐ輸入ビジネスを始めたいけど、損をしてしまうのではないかと不安になっていませんか…。

輸入ビジネスで成功するにはコツがあるんですよ!

まずは輸入ビジネスのメリットやリスクを知って、成功しやすいビジネスモデルの特徴をおさえておきましょう。

輸入ビジネス成功のコツは輸入ビジネスのメリットや魅力を知ること

輸入ビジネスを始める前に、まずはどんなメリットや魅力が存在するのか知っておくことが輸入ビジネスを成功させるコツですよ。

輸入ビジネスを始めるメリット

・商品価格の差による利益発生

日本で買うよりも海外で買った方が安いことが多いので商品価格の差で利益が得ます。

・ライバルとの差別化できる

日本でまだ販売していない商品を売買できるのでライバルと差がつき、人と違うものが欲しい消費者のニーズを満たせます。

・輸入代行業者が利用可能

…輸入代行業者を通すこと事務手続きを省略できます。

輸入ビジネス最大の魅力とは

・個人でも大企業と対等に戦えるビジネス

…大企業は細かいニーズの商品を狙っても人件費や物流費がかさんで儲からないため、大きな市場規模で展開します。したがって、大企業が狙わない細かいニーズに対応すれば、個人でも大企業と対等に戦えるのです。

・価格を自由に決められる

…決められた定価の国産商品なら数多く量を売らなければなりませんが、自分が納得する値段で売ることができるので高利益に繋がるのです。

・小さな額から始められる

…株や投資の利益、飲食店で稼ぐには数十万~数百万円の資金が必要ですが、個人輸入ビジネスは小さな額から始めることが可能なのです。

輸入ビジネスの失敗例やリスクを知って輸入ビジネス成功のコツを掴む

輸入ビジネスはメリットや魅力が存在しますが、リスクが伴うことも…。輸入ビジネスが成功するコツを確実に掴みたいなら失敗例やリスクを知っておく必要があります。

輸入ビジネスの主な失敗例

・”植物検疫法”に引っかかり、ドライフラワー入りのテーブルランプが輸入不可だった。

・”電気用品安全法”のPSEマークが付いていないコンセントは輸入不可だった。

・毛皮製品の輸入を考えていたが”ワシントン条約”の規制対象だった。

・”食品衛生法”により食品の検疫が必要だった。

このように輸入ビジネスの失敗例は、国際的なルールや国内法に絡むものがほとんどです。輸入ビジネスが成功するコツを掴み、失敗しないためには法律をよく確認し、定められた方法で輸入するよう心掛けましょう!

輸入ビジネスにおけるリスク

・品質についてのリスク

…仕入れた商品の品質が悪かったり、不良品であったりするリスクがあります。

・輸送の際のリスク

…海外から空輸または船便で送られてくるので、破損や水濡れなどのリスクがあります。

・為替変動のリスク

…為替が変動すると、わずか1円であっても取引額によっては膨大な差額が生じる恐れがあります。

・詐欺に遭うリスク

…国際的な詐欺の手口は年々巧妙化しており、知らず知らずのうちに詐欺に巻き込まれてしまうこともあります。

リスクを回避するには、ご自身で適切な対処法を調べる方法もありますが、専門家から教わる方法も…。ご自身に合ったリスク回避胞を学んで輸入ビジネスをスタートさせましょう!

輸入ビジネスを成功させよう!成功しやすいビジネスモデル3選とは

輸入ビジネスが成功するコツを掴むためにメリットやリスクなどの解説をしてきましたが、具体的にどんなビジネスモデルがあるのか気になりますよね。では、成功しやすいビジネスモデル3選を紹介していきます。

【BtoB(Business to Business)】

商品やサービスを企業間で提供する形態で、比較的商品単価が高く、継続的な取引関係が期待できます。メーカーと卸売業者、卸売業者と小売業者、メーカーと一般企業など取引の形もさまざまで、提供される製品が多岐にわたるのが特徴です。

【BtoC(Business to Consumer)】

個人または企業が商品やサービスを直接個人に提供するモデルで、BtoBと比較すると受注単価が低く、いかに商品やサービスを多く売り上げるのかが特徴です。

【D2C(Direct to Consumer)】

小売店や商社を通さずに企画・生産した商品を自社運営サイトで販売したり、サービスに誘導したりするモデルで、生産者と消費者がダイレクトに連絡できるのが特徴です。

BtoBでは取引相手が企業なので、まとまった取扱量で収益性も高くなり、やり方次第では安定的に稼ぐことも可能です。輸入ビジネスをしっかり確立させたいのであれば、最終的な目標はBtoBモデルです。それこそが輸入ビジネスを成功させるコツなのです。

まとめ

輸入ビジネスにはメリットや魅力がたくさんあります。やってみたいと思ったり、じっさいに始めている人も増えています。でも、やり方を間違えると失敗してしまう恐れも…。輸入ビジネスにおけるリスクを知っておくことも大切です。

輸入ビジネスにおいてビジネスモデルは非常に可能性を秘めているため、今後ますます増えていくことが予想されます。輸入ビジネスの分野ではBtoBモデルが安定的ですが、初心者ならまずはBtoCを狙っていきましょう。少しずつ実績を積み重ねていくことでしっかりしたビジネスモデルが確立するでしょう。これが輸入ビジネスを成功させるコツですよ。