高値で売れる海外のヴィンテージ古着を仕入れるポイントと方法とは

古着の仕入れはヴィンテージ品を狙え!仕入れのポイントや方法をみていくよ

古着などのファッションアイテムを売って利益を出すには、高く売れるものを取り扱いたいですよね。

高く売れるといえばヴィンテージ商品。

大量生産されたファストファッションのアイテムよりも、ヴィンテージ品の方が値がつきやすいです。

「日本で仕入れるよりも海外でヴィンテージ品を仕入れた方が安いだろう」と漠然とイメージする人もいますよね。

その通りで、比較的安くヴィンテージのアイテムが手に入る国や地域があるんです。

海外からヴィンテージのアイテムを仕入れるときにチェックするポイントやコロナ禍での仕入れ方法を知っておくと、スムーズに安く買い付けができますよ!

海外からヴィンテージ古着を仕入れるときに注目するべきポイント

ヴィンテージ品は1点ものであったり、今は手に入らないデザインだからこそ高値で売れることが多いですね。海外のヴィンテージ古着を仕入れるときにチェックしておきたいポイントがあります。

アイテムの年代や特徴をみる

明確な決まりはありませんが、1990年代以前のものがヴィンテージのアイテムと言われています。ヴィンテージのアイテムは次のような点で人気があります。

・現在では行われていない仕立てや技法が使われている

・その時代に流行ったものがデザインされている

どのくらいの年数が経っているか、人気が再燃してきた映画のアイテムなどをチェックしておくと、売れ筋商品をみつけることができますよ。

傷んでいると売れない?高値になることも

普通の服は破れ・キズ・汚れがあると価値が下がったり、売れなくなりますよね。次のようなヴィンテージの古着は上質だからこそ味がでて高値がつくこともあります。

・ジーンズの穴あきや擦れ

・革製品の色あせやシワ

しかし、ボタンがとれていたり、大きな穴があいているなど、機能的に問題のあるものは価値が低くなるので注意しましょう。

単価が安い国から仕入れる

海外からヴィンテージ古着を仕入れるなら、タイなどの東南アジアがオススメですよ!

日本やアメリカでは古着の仕分けの人件費が高いです。なので、単価が高かったり、うまく仕分けられていないことが多いのです。

特にタイの古着倉庫のベールは1着あたりの単価が安いです。大量に仕入れたい場合は利用してみましょう。

海外からヴィンテージ品を仕入れる方法と必要経費とは?

タイ・カンボジアなどの国には世界中からいろいろな年代の古着が集まります。掘り出し物をみつけるためにも海外からヴィンテージ品の仕入れをしたいという方は、どんな方法で買い付けると良いのでしょうか。

以前は現地への買い付けをする人が多かった

新型コロナウイルスが流行する前は、現地に行って買い付けする方法がありました。初心者の方は仕入れツアーに参加したり、上級者の方は大量に買い付ける目的で現地まで行っていました。海外へヴィンテージ品を仕入れるときに必要な経費は次のとおりです。

・飛行機代

・ホテルや食事などの滞在費

・服の仕入れにかかる代金

・通訳の費用(交渉が難しい場合)

・輸送費

状況は日々変わっていきますが、今の状況では現地に赴くのにはある程度の制限や不安がつきますよね。

しかし、コロナ禍でも海外からヴィンテージアイテムを仕入れる方法があるんです!

コロナ禍の今注目されている方法

古着などのファッションアイテムを仕入れ代行する業者があります。

仕入れ代行業者に必要なアイテムのジャンルや量を伝えて、現地スタッフに買い付けをしてもらい、日本に送ってもらいます。

代行業者に頼むときに必要な費用は次のようなものが必要です。

・仲介料や手数料

・輸送費

・服を買った分の代金

仕入れ代行業者はネットなどで見つけて問い合わせることで利用できることが多いです。自分で行くよりも安全で、渡航費用がかからないのが特徴ですね。

タイからのヴィンテージ品の仕入れは弊社にお任せください!

弊社はタイでは古着仕入れや物流を行っております。海外からヴィンテージ品を仕入れたいがなかなか現地に行けないとお困りの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ピックアップ・ベール仕入れのどちらにも対応可能

古着を1点ずつ仕入れるピックアップや大量に仕入れるベールの買い付けのどちらも行うことができます。ピックアップ仕入れでは欲しいアイテムの写真などで詳細をお知らせいただけると、豊富な在庫からご希望に沿う商品をお探しできます。

ベール仕入れでは、「粗悪品が入っているのでは?」と気になる方も多いでしょう。弊社では、現地でベールを開封し、お客様の不要なものを除いて再ベール化を行うことができます。

タイとの物流業務を行っております

海外からヴィンテージアイテムを仕入れると、「単価は安いけれど輸送費が高くつきそう」と思いがちです。

弊社はタイと日本との海上便輸送・航空便輸送を行っております。

荷物のサイズや重さから最適な輸送方法をご提案致します。面倒なインボイス作成を弊社が行うこともできますし、ドア・ツー・ドアで受け取りもスムーズです。

まとめ

古着販売で高値がつきやすいのがヴィンテージ品。1点ものであったり、年数が経って味がでているものなどが多く、古着が好きな方に人気のあるジャンルです。

作られた年代や現在の流行り、傷み具合などをチェックすると売れ筋のものを手に入れることができます。

タイや東南アジアなどの海外からヴィンテージ品を仕入れると、単価が安いのが魅力ですよね。コロナ禍では自由な行き来が難しいので、古着の仕入れ代行業者の利用がオススメです。

弊社では古着の代行仕入れのほか、タイと日本の物流業務を行っております。コストを抑えた輸送方法をご提案することができますので、海外からヴィンテージ品を安く仕入れたい方はご相談くださいませ。