LINEで
お問い合わせ

BLOG

ブログ

お役立ち情報

海上輸送のフェリー便とコンテナ便の違いとは?輸入ビジネスイチ押し企業も

タイから仕入れた商品を売買する輸入ビジネスが、会社員の副業や主婦の在宅ワークとして近年では右肩上がりで人気が高まっていますね。

輸入ビジネスに興味を持ち、今すぐ始めたいと考えている人も多いでしょう。しかし、輸入ビジネスは奥が深いので、何から覚えていけば良いかわからないのでは…?

輸入ビジネスを始める際に知っておいてほしい海上輸送にはフェリー便とコンテナ便があり、それぞれに特徴が備わっています。

まずは、海上輸送のフェリー便とコンテナ便の特徴をしっかり学び、失敗しない輸入ビジネスを始めていきましょう!

海上輸送のフェリー便とコンテナ便ってどう違うの?うまく使い分けして、効率よくお得に輸入しよう!

輸入開始前に知っておこう!海上輸送のフェリー便とコンテナ便の違い

輸入ビジネスを始める際に知っておいてほしい海上輸送のフェリー便とコンテナ便の違い…。それぞれどんな特徴があるのかをまとめましたので見ていきましょう!

海上輸送のフェリー便とは

海上輸送におけるフェリー便とは、荷役船の一つで”旅客フェリー”や”カーフェリー”とも呼ばれおり、トラックやコンテナを積んだトレーラーが船内に走り込めるため、荷役が造作なくできます。

鉄鉱石・石炭・穀物・塩・アルミ塊・銅鉱石などの資源を梱包せずそのまま輸送する「ばら積み船」や鉱石原料・自動車・木材などを専門に運ぶ「専用船」、「原油輸送船」など多種多様な構造を持った船が存在するのです。

海上輸送のコンテナ便って?

海上輸送のフェリー便とコンテナ便は似ていますが、コンテナ便はコンテナ貨物専用の貨物船でコンテナを重ねて積み込むのに適した構造になっています。コンテナのみを専用に運ぶ貨物船(フルコンテナ船)とコンテナと一般の貨物を併せて運ぶ貨物船(セミコンテナ船)の2種類があります。

家電品の一般製品や精密機器、日用品、加工食品などをより簡単に安全に運べ、荷役を効率よくできるため、現在では多くの定期船にコンテナ便が使われているのです。

海上輸送のフェリー便とコンテナ便の特徴や利用の際のポイントって?

輸入ビジネスをこれから開始する際、海上輸送のフェリー便とコンテナ便のどちらを利用するのか迷いますよね。それぞれの特徴を捉えて参考にしてみましょう!

海上輸送のフェリー便の特徴

【フェリー便のメリット】

・航空輸送よりも安価

・航空便と同等なスピードで貨物を運ぶ

・出荷から船に積むまでの時間が短縮できる

・基本的に定期、定時運行している

【利用の際のポイント】

・1回の輸送で100kg~200kgを超えた場合

・急いでいる場合

・初めて地上輸送に挑戦する場合

・ECショップを運営している場合

フェリー便は、航空便と同じくらいの速さでお届けするうえに航空便より費用は掛かりません。貨物の締め切り時間は出港日前日、または当日と設定しているため、出荷から船に積むまでを短縮できます。

海上輸送のコンテナ便の特徴

【コンテナ便のメリット】

・航空輸送やフェリー輸送より安価

・強度のあるコンテナで積み荷へのダメージを抑える

・コンテナの種類豊富で輸送したいものに合わせて選べる

【利用の際のポイント】

・頑強な梱包がいらない場合

・特別急いでいない場合

・リスクを負わない商品の場合

コンテナ便は、航空輸送やフェリー輸送より安価ですがその分デメリットも…。衛生状態が悪くてコンテナクリーニング費用も掛かる恐れもあります。

 

タイから日本へ海上輸送するなら「NIPPON47」にお任せください

これまで海上輸送のフェリー便とコンテナ便について解説してきましたが、実際に輸入ビジネスを開始するとなるとどの会社にお願いしたら良いか悩んでしまうでしょう。そこで、NIPPON47の海上輸送便をご紹介したいと思います。

最短12日間で面倒な作業不要

NIPPON47では、通常海上便のほかに「高速海上便サービス」を行っており、最短12日間でのお届けが可能です。コンテナ一本分に満たない小口貨物(LCL)とコンテナ一本分を満たした貨物(FCL)の貨物が利用でき、お客様に合わせた対応をしております。毎週月曜日に出港し、スタッフが丁寧にコンテナへ荷積み、荷卸しをするので面倒な作業はいりません。

通常便も行っていますが約1~1.5ヶ月の間、配送までに時間が掛かるので、お急ぎでしたらNIPPON47の高速海上便サービスの利用がオススメです。

地球環境に配慮した配送を実施

NIPPON47は輸送のさい、トラック輸送以外に地球環境に配慮した「JR貨物配送」を実施しています。各エリアの主要駅まで鉄道を使用し、そこからトラックで配送する仕組みです。

駅には商品を保管しておける倉庫が完備されているので、倉庫からの受け渡しや倉庫にそのまま置いておくことも可能です。

まとめ

タイからの輸入商品で売買するビジネスは、知識があれば老若男女問わず誰もが始められます。まずは輸入ビジネスを開始する際の知識として、海上輸送のフェリー便とコンテナ便について詳しく知っておくとよいですね。

海上輸送のフェリー便とコンテナ便の違いにはそれほど大きな差がありません。フェリー便ですと”航空便並みの速さ”、コンテナ便ですと”格安”といったメリットがあります。「NIPPON47」では、高速海上便サービスがあり、フェリー便とコンテナ便のメリットが備えられていますので、海上輸送を検討中の人はぜひ気軽にお問い合わせください。