LINEで
お問い合わせ
   
  • TOP
  • ブログ
  • 輸送について
  • 航空便輸送について
  • 海上便輸送に着いて
  • 仕入について
  • 古着仕入について
  • 仕入れ代行について
  • 会社案内
  • 会社概要
  • 私たちの取り組みについて
  • 累積実績
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • BLOG

    ブログ

    お役立ち情報

    古着をもっと効率的に仕入れたい!?おすすめの方法と代行業者を利用するメリット

    古着をもっと効率的に仕入れるならNIPPON 47のサービスがおすすめだよ!今回はそんな仕入れ代行業者のメリットをご紹介!

    近年、ネットサービスを利用すれば、誰でも簡単に古着の販売ビジネスをはじめることができるようになりました。しかし、仕入れにかかる手間や時間がもったいない、と感じている人も少なくないのではないでしょうか?

    じつは、仕入れは代行してもらうことができるんですよ!

    また、検品や仕分けなどのオプションや、一度に大量にしかも安く仕入れる方法もあります。

    今回は、今よりもっと効率的に古着を仕入れる方法をご紹介したいと思います。仕入れ業務にかかる時間をうまく短縮して、古着販売に注力し、売り上げアップを図りましょう!

    古着を効率的に仕入れる3つの方法!メリット・デメリットは?

    古着の仕入れには、主に次の3つの方法があります。実店舗で自ら品定めをして仕入れる方法とネット通販などで場所を選ばず仕入れ業務ができる方法、そして、今回おすすめしたい仕入れ業務そのものを外注する方法について解説します。

    大手リサイクルショップなどの実店舗で仕入れる

    店舗型リサイクルショップには、さまざまな古着が並んでいるので、じっさいに商品を手にとって確認できます。また、洗濯などの手間が不用で、すぐに商品として販売することができるメリットは大きいでしょう。

    ショップによって、ブランド物だけ、あるいはビンテージ物だけに特化していることがあります。また、とにかくたくさん仕入れたい場合には、量り売りやまとめ買いをしているショップを選ぶこともできます。ただし、1軒1軒お店を回る必要があるので、行くまでの時間やコストがかかります。

    古着専門のネット通販やアプリで仕入れる

    最近では、古着を専門に扱うネット通販やアプリを利用して仕入れることも可能です。自宅にいながらにして、複数のネットショップの古着を見ることができることや、カテゴリーを絞って検索できることが特徴です。

    また、送料はかかるものの、指定の場所まで配送サービスが含まれています。仕入れ業務を完全在宅で完結できるメリットがあります。

    古着の仕入れ代行業者を利用する

    さらに、仕入れ業務そのものを自分の代わりにおこなってくれるのが、仕入れ代行業者です。海外マーケットでも、どんな古着を、どれだけ仕入れるのか伝えるだけで、希望通りの商品が手元に届きます。

    古着の仕入れ代行業者の中には、現地への仕入れに同行してくれる仕入れツアーや、現地で購入した古着の発送を代行するなど、さまざまなサービスが用意されています。仕入れ業務をどこまで外注できるのか、しっかり確認しておきましょう。

    古着の仕入れ代行業者を利用する方法そのメリットとは?

    では、古着の仕入れ代行業者を利用するど、どんなメリットがあるのでしょうか。海外の古着を扱いたい人には、とくにおすすめの方法ですよ。

    海外の古着も仕入れることができる

    古着の仕入れ代行業者の多くは、海外のマーケットから買い付けをおこなっています。そのため、渡航費用をかけてわざわざ欧米諸国やアジア諸国の古着マーケットへ出向かなくても、日本にいながらにして海外の古着を仕入れることができるのです。

    日本ではなかなか手に入らないような古着を扱うことで、他ショップとの差別化も図れるのです。

    古着の知識をもっているプロが仕入れてくれる

    古着の仕入れ代行業者は、現地マーケットに詳しく、独自の仕入れルートを確保していることがあります。また、古着についての知識もあるため、高値で売れるレア物のヴィンテージや、回転率が高いブランド物、根強いファンがいるミリタリーなど、売れ筋アイテムをしっかり見極めて仕入れをしてもらうことができるでしょう。

    輸送手段や配送のネットワークが充実している

    海外の古着を取り扱っている業者は、日本への輸送手段や配送のネットワークが確立していることが多いです。自分で海外へ仕入れに行く場合に大きな悩みとなるのが、どのように日本まで運ぶかということです。仕入れたい商品が多くなれば、それだけコストがかかります。

    送りたい古着の重さや大きさに合わせて、適切な輸送・配送の手段を選ぶことができます。

    NIPPON47なら古着をベール単位で仕入れる方法もおすすめ!

    古着のベール輸入という言葉をご存知ですか。

    ある程度の量の古着を仕入れたい場合には、ベール単位にすると輸送コストをカットすることができます。

    日タイ間の輸送に強いNIPPON47では、その他にも古着仕入れのさまざまなオプションをご用意しております。

    古着のベール仕入れとは?メリットも

    古着のベールとは、たくさんの古着をひとつにまとめて、30トンの力を加えて圧縮したものです。1つのベールは約50Kg程度で、サイズは縦40cm×横40cm×高さ80cm。Tシャツなら約200枚程度、なかには1点での値が張るようなブランド物やヴィンテージ物が入っていることがあります。一度に大量の古着を仕入れることができます。

    自社ベール機で仕入れた古着をベール化

    NIPPON47では、自社にベール機をもっています。

    お客様がタイにて仕入れた古着を1点1点検品したのち、輸送するさいにコストダウンが図れるように、ベール化に再梱包いたします。日本へのベール単位での輸送には、航空便と船便の中間にあたる、弊社の海上便輸送がおすすめです。

    洗濯や仕分けなどの付帯サービスも充実

    古着ビジネスは、商品として販売するまでにメンテナンスが欠かせません。

    たくさんの商品を仕入れることができても、手間や時間がかかってしまうのでは、なかなか売上アップにはつながりません。NIPPON47では、梱包および輸送前にさまざまな付帯サービスをご利用いただけます。仕入れた古着の洗濯やアイロン、サイズごとの仕分け、リペアなど、ご要望をお聞かせくださいませ。

    まとめ

    古着を仕入れる方法はさまざまですが、より効率よく販売まで繋げるには仕入れ代行業者の利用をおすすめします。リサイクルショップなど実店舗での仕入れのように、状態をしっかり確認し、しかも古着のプロが売れ筋アイテムを見極めてくれます。また、ネット通販やアプリのように、自宅にいながらにして指定の場所まで配送してもらうことも可能なのです。

    さらにNIPPON47では、ひとつひとつ検品した古着を、輸送コストを抑えられるベール化に再梱包。そのさい、日本に到着次第すぐに販売できるような状態でお届けいたします。