LINEで
お問い合わせ
   
  • TOP
  • 輸送について
  • 航空便輸送について
  • 海上便輸送に着いて
  • 仕入について
  • 古着仕入について
  • 仕入れ代行について
  • 会社案内
  • 会社概要
  • 私たちの取り組みについて
  • 累積実績
  • ブログ
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • BLOG

    ブログ

    お役立ち情報

    タイから古着を輸入するなら…ビジネス視点で考える3つのポイントを抑えよう

     

    海外の古着を輸入することは、ただの趣味ではなく、しっかりとしたビジネスチャンスとして捉えるべきです。特にタイからの古着輸入は、その魅力と可能性に満ち溢れています。

    しかし、「どう始めればいいの?」や「何に気をつけるべき?」といった疑問は多いものです。

    今回はタイからの古着の輸入の方法などを解説します。実は、タイは古着の輸入をスタートさせるにはもってこいの場所。多くの古着が集まる土地で様々な市場も存在します。

     

    とはいえ、古着の知識だけでなくビジネス視点も盛り込みましょう。タイからの古着の輸入を成功させるための基本的な流れ、輸送費を削減する方法などにも注意を向けて解説します。

     

    【人気】タイから古着を輸入してみたい!流れや現地の歩き方

    タイから古着を輸入するさいの第一歩は、輸入の流れと現地の市場の理解です。タイの古着市場は、その豊富な品揃えと独特の商習慣で知られています。初めてタイから古着を輸入する方向けに、基本的な流れや市場での効果的な歩き方、仕入れのコツを解説します。

     

    タイはなぜ古着仕入れで注目を集めているの?

     

    タイが古着仕入れで注目を集めている理由は、ファッションに対する意識が高く、日本ではなかなか見つからないようなユニークな品が豊富だからです。

     

    タイで見つかる古着は、ただの古い服ではなく、個性と歴史を持ったアイテムが多いのが特徴です。ファッションに敏感な人々にとっては魅力的な商品となるでしょう。

     

    1日では回りきれない古着市場

     

    タイの古着市場を訪れると、その広さと多様性に圧倒されることでしょう。バンコクなどの大都市にある市場は、一日では回りきれないほど広大で、それぞれの市場に特徴があります。市場を効率的に回るためには、事前にリサーチを行い、どの市場が自分のビジネスに最適かを考えておくことが大切です。

    したがって、タイで古着を輸入しようと考えた時には現地への理解も重要になってくるでしょう。

    現地にはどんな市場が存在するの?

     

    タイには様々な古着市場が存在し、バンコクだけでも多くの市場があり、それぞれ異なる客層やスタイルが特徴的です。

     

    例えば、チャトゥチャック市場は、広範囲にわたり多種多様な古着が揃っていることで有名です。トレンドアイテムからレアなビンテージ品まで、幅広い選択肢があります。

     

    プラトゥーナム市場は、より日常的なアイテムやアクセサリーが豊富なため、普段使いの古着を探すのに適しているでしょう。

     

    タイ・バンコクの古着を仕入れよう! おすすめ市場や人気の理由を解説   

    ビジネス視点!タイから古着を輸入する時…考えるべき3つのポイントとは

    タイからの古着を輸入し、ビジネスとして考えるなら、ちょっとしたコツがありますよ。成功への道は「計画的に、賢く、効率的に」がポイントです。タイから古着を輸入する際に押さえておきたい3つの大切なポイントを、詳しく解説します。

     

    ①発送方法・通関に関する流れを確認

     

    タイから古着を日本に輸入するには、はじめに発送方法を決めましょう。海上輸送はコストが低いけれど時間がかかります。航空輸送は早いけれど少々お高め。自分のビジネスプランに合わせて、最適な方法を選んでくださいね。

     

    次に通関に関する流れです。輸入する商品によって必要な書類や手続きが異なるので、事前にしっかり調べておきましょう。税関での手続きは意外と厳しいので、準備不足だと古着が日本に届かない…なんてことも。でも、必要な書類さえ揃えれば、スムーズに通関できますよ。

     

    ②輸送費なども含め目標や計画を事前に設定

     

    ビジネスとしての古着輸入では、お金の話も大事です。特に輸送費は、予想外に高くつくこともあります。事前にしっかり計算して、予算オーバーにならないようにしましょう。

     

    また、輸入の目標や計画も立てておくことが重要です。いくらで、どれくらいの量を仕入れるのか、売り上げ目標はどれくらいかを明確にしておくことで、ビジネスがぐんと楽になります。

     

    ③安く仕入れるために何をすべきか

     

    「安く仕入れたい!」そう思ったら、まずは市場調査が大切です。タイの市場では、場所や時間によって価格が変わることもあります。また、売り手との交渉術も大事なんです。

     

    しっかりと交渉すれば、思っていたよりも安く仕入れることができるかもしれません。そして、量をまとめて仕入れることも大切です。大量購入することで、単価を下げることが可能です。

     

    参考HUNADE:タイの古着を輸入しよう!有名な市場はチャトチャック

     

    タイから古着の輸入を始める前に!古着の専門知識を学ぼう

    古着の輸入をビジネスにする前に、しっかりと勉強時間を設けましょう。古着の世界は奥が深く、ただ好きな服を選ぶだけではないんです。

     

    古着の専門知識を身につけることで、輸入ビジネスがレベルアップします。なぜ古着の専門知識が必要なのか、そしてどうやってトレンドに対応するかについて、学んでいきましょう。

     

    古着の専門知識を抑えておくべき理由

     

    古着の世界は、ビンテージのデニム1つを取っても、年代やブランド、デザインによって価値が大きく変わるんです。さらに、状態やサイズ感など、細かな点にも注意を払う必要があります。

     

    古着を深く理解することで、仕入れる際の目利きが養われ、より良い品を選ぶことができます。また、顧客に対してその服の魅力を伝えることができるようになるので、販売力もアップするでしょう。

     

    常に変化するトレンドに対応しよう

     

    ファッションの世界では、トレンドが常に変化しています。それは古着の世界も同じです。ある年は70年代のレトロなスタイルが流行り、また別の年には90年代のストリートファッションが人気になることも。変わりゆくトレンドに敏感でいることは、古着輸入ビジネスにとって非常に重要です。

     

    トレンドを追いかけるためには、定期的にファッション雑誌を読んだり、SNSでの流行をチェックしたりすることが効果的でしょう。また、ファッションショーなどのイベントに目を向けることも大切です。

     

    NIPPON47は現地仕入れをサポートします

     

    「でも、実際にタイでの仕入れって大変そう…」そんな心配をお持ちのあなたに朗報です。NIPPON47は、タイでの古着仕入れをサポートするサービスを提供しています。現地の市場情報、仕入れのノウハウ、さらには通訳や交渉のサポートまで、あなたのビジネスを全面的にバックアップします。

     

    このサービスを利用すれば、初心者でも安心して現地での仕入れが出来るでしょう。NIPPON47の専門スタッフが、市場の特性やおすすめの商品、交渉のコツなどを教えてくれるので、より質の高い商品を見極めることが可能になります。また、言葉の壁を感じることなく、現地の人々と直接コミュニケーションを取ることができるのも大きなメリットです。

     

    まとめ・タイからの古着の輸入について

     

    タイからの古着輸入は、ただのビジネスではなく、ファッションの深い世界への旅でもあります。タイの古着市場は、多種多様な商品と文化が交差する場所です。成功する古着輸入のポイントは、市場の理解、輸送方法や通関の知識、そして常に変わるトレンドに敏感であること。

     

    また、NIPPON47のようなサポートサービスを利用することで、初心者でも安心して輸入ビジネスに取り組むことができます。この知識と情報を活用して、あなたも古着輸入の世界で成功を掴みましょう。