NIPPON47 PAKISTAN設立のお知らせ

 2021年9月20日に現地法人NIPPON47 PAKISTANを設立しました。2018年には世界1位の古着輸入量を誇り、今もなおトップクラスの輸入量を維持している同国。

 その古着が集積されている「カラチ輸出加工地区(KEPZ)」と呼ばれるエリアから約10kmほど離れた海沿いのオフィス街に拠点を構えました。皆様へ更なるサービスと商品をお届けするため、今後も精進して参ります。

*パキスタンについての色々な情報は、今後、投稿をしていくのでお楽しみに!

 この度の現地法人設立につきまして、皆様へ何ができるのか?そして、NIPPON47グループとして、どんな未来を描こうとしているかを2点にまとめましたので、是非ご一読ください。

その前に、一言でまとめると、、

『パキスタンから商品と物流をワンストップサービスでお届け』

いわゆる『物流商社』です。


それでは以下をご覧ください!

皆様へ何ができるのか?

現時点で明確になっていることは「品揃えとコストダウン」ができるということです。

 サプライチェーンと同じで、間にプレイヤーが入れば入るほどコストは上がります。既にご存知の方がほとんどかと思われますが、パキスタンは古着仕入れの商流の川上です。そこに拠点があるということは、NIPPON47以外の手がほぼ入らないということを意味します。(サプライヤー以外のプレイヤーは弊社のみ)

 また、前述のKEPZ(カラチ輸出加工地区)に直接行き商品を抑えられるので、その規模の違いは圧倒的です。タイで有名な巨大倉庫は、このKEPZ内に拠点がありタイへ輸出をしています。そこへ直接、いつでもアクセスできるということです。

これはNIPPON47にとってもお客様にとっても非常に重要なことで、上記2点以外にもいくつも利点があります。

・パキスタン原産の安価で質の良いアイテムを取引できる

・日本語にてパキスタンとの取引ができる

・古着だけではなく、新品アパレルの生産もできる

・レザーやコットン製品の供給

・現地法人が、現地で仕入れや製造をコントロールできる
       ・
       ・
       ・
などなど…

 設立して間も無いですが、今後、運営していく中で更に可能性が広がることは間違いありません。皆様におかれましても、”パキスタン”というリソースができたという感覚でイメージを膨らませていただければ幸いです。是非ともご要望をお聞かせください!

今後の展望

なんといっても、”現地へ倉庫を持つ”ことです!(できれば、KEPZ内に…)

 それは不可能では?と思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、現地法人は名前こそ「NIPPON47」と、いかにも日本ですが、実態は100%パキスタンの会社なので、不可能では無いんです。さすがに、KEPZ内に倉庫を持つには政府の許可が必要なので、そうそうできることではありません。

しかし、近隣であれば難しくないので、まずはそこを目標にしています。そうすることで、現地の他倉庫と同様の働きができるので、日本初のパキスタンから日本をつなぐ古着のサプライチェーンがNIPPON47グループで完成します。まさに、それがNIPPON47が目指すところです。

最後に、、

 SDGsへの取り組みや意識が更に活発になる中で、「Re」は重要なキーワードです。今後の需要にお答えするために「品揃えとコストダウン」を徹底に追求できる体制を整えて参ります。

また、冒頭にも述べましたが、今後、パキスタンの情報についても投稿していくのでお楽しみに!

皆様の益々のご繁栄をお祈り申し上げるとともに、支えていただいてる皆様へスタッフ一同心より感謝申し上げます。