LINEで
お問い合わせ
   
  • TOP
  • 輸送について
  • 航空便輸送について
  • 海上便輸送に着いて
  • 仕入について
  • 古着仕入について
  • 仕入れ代行について
  • 会社案内
  • 会社概要
  • 私たちの取り組みについて
  • 累積実績
  • ブログ
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • BLOG

    ブログ

    お役立ち情報

    古着を考える…大量に処分される衣類と企業に求められる取り組み!利用者がすべきことは?

     

    Sgds(持続可能な開発目標)…言葉は知っているものの何から取り組んでよいか分からない方は多いのではないでしょうか。実は、生活に欠かせない衣服を作るアパレル業界がSdgsに取り組んでいます。

     

    今回は、アパレル業界が直面する環境と労働の問題、大量に処分される古着の現状、各アパレル企業のSdgsへの取り組みについてご紹介します。

     

    各企業が実施する古着のリユースやリサイクルへの取り組みを知れば、利用者としてすべきことが見えてきますよ。

     

    古着の大量な処分…現状や昨今の動向は?アパレル業界が切り離せないsdgs

    アパレル業界が抱える環境と労働の問題、手放された服の最終集積地についてお伝えします。衣服の大量な生産、消費、処分による弊害が分かります。

     

    なぜアパレル・衣類業界はサスティナブルな思考が必要なの?

     

    アパレル業界は環境と労働の問題を抱えており、Sdgsへの取り組みを求められています。

     

    衣服は生産過程でCO2を排出し、大量の水や化学物質を使用しています。ファストファッション拡大に伴う古着の大量生産、大量処分は環境負荷につながっています。2020年の日本総合研究所の調査によると、衣服の国内新規配給量は1年あたり約82万tで、そのうち60%以上が処分されているのです。

     

    衣服の多くは発展途上国で生産されており、長時間・低賃金な搾取労働が問題です。2018年のワールドカップで作られたイングランドサッカーチームの衣服は、ファンには180ユーロで販売されていました。しかし、バングラデシュの生産者に支払われる1日当たりの賃金は2ユーロ以下。日本円換算で約300円の低賃金でした(2023年12月18日時点)。

     

    参考:環境省『令和2年度、ファッションと環境に関する調査業務』

     

    日本国内の「手放された衣類」の行方…

     

    リユース目的で、アフリカに世界中の古着が集まっています。ダンドラはアフリカ最大のゴミ集積地と呼ばれ、山のようなハギレが地面に積み重なり川に流入しています。集積した衣服の自然発火や悪臭、家畜の化学物質汚染が起きているのです。海外から輸入された古着が安価なため、国産の衣服が売れない現象も起きています。

     

    【8つの企業】循環する衣類へ!古着の大量・処分を考えた企業の動き

    大量な古着の処分に関する各企業の取り組みをご紹介します。企業の取り組みを知ることで、利用者がすべきことも見えてきます。

     

    ①ユニクロ|環境負荷だけでなく社会にも目を向ける

     

    ユニクロは古着を通じた社会貢献に取り組んでいます。

     

    アフリカ、アジア、中東などの世界80の国と地域の難民に対し、5,050万点の古着を寄贈(2022年8月末時点)。子どもが主体になって古着の回収を行い、子ども服を難民に寄贈する次世代支援活動も展開しています。

     

    他にも、DV被害女性のシェルターへの古着寄贈や、新潟集中豪雨をきっかけに緊急災害時の救援衣料活動も実施しています。

     

    参考:ユニクロ・ユニクロとSDGs

     

    ②ZARA|古着回収プログラム

     

    ZARAは非営利団体と連携し、店舗に設置したコンテナで回収した古着の寄付、リサイクルショップでの販売、リサイクルに取り組んでいます。利益は地域の社会的プロジェクトに還元されます。

     

    ZARAが掲げる「JOIN LIFE」は持続可能な産業モデルへの移行を考え、改善していくプロセスのシンボルです。Sdgsに基づいた厳しい目標設定をもとに、取り組みを進めています。

     

    参考:ZARA・JOIN LIFE

     

    ③無印良品|「Re MUJI」

     

    2010年にスタートした「Re MUJI」に基づき、店舗で回収した古着をリユース、リサイクルする取り組みを行っています。古着のアップサイクルの取り組みは特徴的です。日本伝統の藍色や黒への染め直し、洗浄、古着と古着をつなぎ合わせてリメイクなどを行い、店舗で再販売しています。

     

    素材の選択、工程の点検、包装の簡略化の3つの視点で、無印良品は社会や環境に配慮したものづくりに挑戦し続けています。

     

    参考:株式会社良品計画・サステナビリティ

     

    ④パタゴニア |労働者により多くの発言権

     

    パタゴニアは、すべての労働者に公正で安全な就労環境を保障するミッションを設定。実現のために、労働者が声を上げられる苦情システムを作っています。

     

    フェアトレード水準の認証を受けた工場で作られた全製品にプレミアを支払っています。インド工場の労働者の希望は、モンスーンシーズンの通勤時に雨に濡れないことや、寮のキッチン設置でした。キッチンの設置に応じた工場はプレミアを取得。プレミアを使って、レインコートの購入ができました。

     

    参考:パタゴニア『労働者により多くの発言権を』

     

    ⑤ユナイテッドアローズ|古着の回収キャンペーン

     

    ユナイテッドアローズは、期間限定で古着の回収キャンペーンを実施。古着を持参したお客様に2000円OFFクーポンを配布しています。他のブランドのアパレル商品も回収しています。

     

    回収した古着は、株式会社JEPLANの「BRING™」を通じてリユースやリサイクル。古着は材料やパーツごとに分類後、ポリエステル原料に加工されて新たな衣服や燃料に生まれ変わります。

     

    参考:ユナイテッドアローズ『UA RECYCLE ACTION』

     

    ⑥ビームス|モノを売らないお店

     

    ビームスは「つづく服。」プロジェクトを掲げて、地球環境やエネルギー問題に取り組んでいます。

     

    2023年10月に初の店舗企画として、原宿に「モノを売らないお店」を期間限定オープン。約260名のお客様が訪れ、約1200点のアイテムが交換されました。

     

    ストーリー交換ブースでは、ビームスのスタッフやクリエイターとお客様が、想いの詰まった古着を交換。再循環ブースでは、お客様が持ち込んだ古着とビームスの経年在庫や経年劣化アイテムとの交換がされました。

     

    参考:ビームス『モノを売らないお店が原宿に期間限定オープン』

     

    ⑦ステラマッカートニー|ベジタリアンレザー

     

    ステラマッカートニーは2001年のブランド設立以来、動物由来の素材(レザー、毛皮、フェザー)を一切使用しないスタイルを貫いています。ベジタリアンレザーと呼ばれる独自の合成皮革を採用。2018年、キノコの菌糸から作られた「マイロ™」素材の衣服を開発しています。動物愛護の精神にのっとり、環境負荷が少なくハイクオリティな商品を生み出しています。

     

    参考:ステラマッカートニー

     

    ⑧ティファニー:ダイヤモンドの軌跡

     

    サステナビリティへの取り組みを20年以上リードしてきたティファニーは、ダイヤモンドになるまでの軌跡を透明化。すべてのダイヤモンド(0.18カラット以上)を個別登録し、原産地情報を提供しています。2020年、グローバルラグジュアリージュエラーとして初めて、ストーン製作先の国名を公表しています。

     

    参考:ティファニー『責任あるダイヤモンドの採掘とサステナビリティ』

     

    まとめ

     

    今回は、大量に処分される古着の問題とアパレル企業の取り組みについてみてきました。

     

    アパレル業界は、服の製造過程で生じる環境負荷と労働者の人権問題を抱えており、Sdgsへの取り組みを求められています。各アパレル企業の古着やSdgsへの取り組みは次の通りです。

     

    ・難民や被災地、DV被害女性への古着寄贈(ユニクロ)

     

    ・古着回収システムの実施(ZARA、無印良品、ユナイテッドアローズ、ビームス)

     

    ・労働者が利用できる苦情システムの確立(パタゴニア)

     

    利用者はサステナブルに配慮して作られた服の購入や、各企業が実施する古着回収サービスに参加することで、持続可能な社会を目指せるでしょう。